ホーム > プログラミング, Visual Basic > Mono DevelopでVBのソースをコンパイルする。

Mono DevelopでVBのソースをコンパイルする。


Visual Basic Advent Calendar 2011の19日目です。
Atndはこちら。http://atnd.org/events/23108

VBのソースを編集するなら、もちろんVisual Studioですよね。(yoshiomsさんは秀丸で編集していましたが)。
Visual Studio 2005からは、無料のVisual Studio Expressも出てきて、誰でも.NETのプログラミングを簡単に体験できるようになったわけですが、LinuxやらMacやらを使っていたらVisual Studioはインストールできません。

そんな時お勧めなのがMono Develop! !って、僕も、以前Mono for Androidの記事を書いたときに一緒に入ったきり使ってなかったんで、VBのソース開こうとしたら候補に出てきたのでびっくりしたんですけれどね。

image

せっかく起動してくれたので、とりあえずビルドしてみる?ってことでビルドしたら、残念な感じでエラーが表示されてしまいました。Mono Developでは、コンパイルエラーがあると、問題の部分にメッセージを表示してくれます。コンパイルエラーの出方は好みがあるだろうけれど、これはこれでわかりやすいかもしれませんね。

image

って、日本語化けてますね。VBのコード自体は日本語も問題なく表示されるので、エラーメッセージリソースのエンコーディングが変なのかな?とりあえずメッセージがおかしいのは置いておいて、どうも.NET 3.5からの拡張構文を理解できていないっぽい。

プロジェクトの設定かな?。。。みたいです。MonoDevelopのメニューで、プロジェクト>オプション>ビルド>一般 を見ると、Mono / .NET 2.0ってのが選択されているようなので、 Mono / .NET 3.5を選択してやりましょう。

image

早速実行してみましょう。デバック実行はVisual Studioと同じでF5です。

問題なくコンパイルして実行してくれました。

image

新しい環境だと、Visual Basic名前空間の実装が面倒だとかで、だいたい置いてきぼりを食らうVBですが、Monoがんばりますねー(Mono for AndroidはまだVBに対応していません)。

 

その他

起動したことなかった(汗)なんだけれど、こいつってASP.NET MVCも標準でサポートしてるんですね(MVCはC#のみ。。。)。びっくり。

image

おぉ、Visual Studio 2010からサポートされた、マルチスタートアップまでサポートされてる。

image

  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。