ホーム > ASP.NET, Oracle > Entity Framework 対応の ODP.NET

Entity Framework 対応の ODP.NET


調べ物をしていたら、ODP.NETの最新版が出ていることに今更ながら気づきました。

すっかり見逃していたんですが、.NET からOracleデータベースに接続するためのコンポーネント、Oracle Data Access Components(ODAC)の最新版 Release 4(11.2.0.3.0)がリリースされていました。1/5のInfoQでしっかり記事になっていたんですね(Oracleプロバイダは、EFをサポートした)。しかし12/28ってずいぶん年の瀬のリリースだったんですね。

OracleのEntity Frameworkサポートは.NET 3.5の時からずっと囁かれていたので、やっとという感じです。

このリリースの目玉は、なんといってもOracleでのEntity Frameworkへの対応です。今のところEntity Framework 4.1には未対応らしく、コードファーストなんかはサポートされていないので、ASP.NET MVCの最新機能を利用するっていうのは難しいけれど、OracleでLINQが実用レベルで利用できるっていうのは嬉しいですね。

ダウンロード

今のところ、OTN本家にしか置いていないのでダウンロードはここから。

32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) with Oracle Developer Tools for Visual Studio

32-bit Oracle Data Access Components (ODAC) Downloads

64-bit Oracle Data Access Components (ODAC) Downloads

Visual Studioで使う場合は一番上を、実行環境ではそれぞれのOracle Clientのアーキテクチャー(32bit/64bit)にあわせてインストールしましょう。

ドキュメント

ドキュメントはこちら。こっちも日本語版はまだ整備されていないみたいなので、とりあえず英語版。

Oracle® Data Provider for .NET Developer’s Guide 11g Release 2 (11.2.0.3)

カテゴリー:ASP.NET, Oracle タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. 2012年1月13日 2:17 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。