ホーム > ASP.NET, プログラミング, モバイル, Javascript > WebFormでJavascript主体なスマートフォン向けサイトを作ろう

WebFormでJavascript主体なスマートフォン向けサイトを作ろう


いまさらですが、スマートフォン向けのWebサイトが旬ですね。

スマートフォン向けのWebサイトは、今までのモバイルサイトと違い、HTML5に対応した記述で行えることもあって、WebFormよりもHTMLを自由に記述できるASP.NET MVCのほうが相性が良いです。

逆にWebFormだとスマートフォン向けサイトを作る上でこのあたりが障害になります。

  • マスターページなどを利用すると、HTMLの要素のIDをフレームワークがつけてしまう
  • 一部のコントロールは、インラインスタイルをつけてしまうのでCSSが適用しにくい
  • 一部のリスト系のコントロールは、構造がテーブルになってしまうものがあって使いにくい

特にフレームワークにjQuery Mobileを利用する場合は、jQuery Mobileの制約ともろにぶつかってしまってやりにくいです。

  • AJAXでのページ遷移を利用する場合は、すべてのページで要素のIDを固有にしたほうが良い
  • JavascriptやCSSはすべてのページで同じ物を読み込むようにする

じゃぁ、サーバーコントロール使わなきゃいいんじゃね?ということでこんな感じでスマートフォン向けサイトを作って見る。

  • Formを用意しない
  • サーバーコントロールを使わない(マスターページ除く)
  • ASPXのコードビハインドを使わない
  • 認証はASP.NETのものを使う
  • 通信はすべてJavascriptとWCFを使った非同期通信
  • モバイル用のフレームワークはjQueryMobileを使う
  • HTMLとJavascriptのバインディングにはKnockoutを使う

WebFormの特徴を完全に無視していますね。もうMVCでいいんじゃね?という声が聞こえてきそうですが。とりあえずこれでやります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。