ホーム > インフラ, プログラミング, PowerShell > GitHub for Windowsを入れてみる。

GitHub for Windowsを入れてみる。


GitHubのWindows向けクライアントが公開されたということで、とりあえずものは試しとインストールしてみました。とりあえずさわりだけ。

ちなみに、興味だけでアカウントは持っていたのですが、コミットするのも今回が初めてです(汗。

Big Skyさんのページがとてもわかりやすいです。

GitHub が Windows 向けクライアントを公開!

インストールと初期設定

http://windows.github.com/ にアクセスして、右上の「download 1.0 」からセットアップモジュールをダウンロードしてインストールします。セットアップモジュールを実行すると、ClickOnceのインストールが始まります。

image

インストールが終了すると、メトロアプリっぽいUIのクライアントが起動するので、GitHubのアカウントをサインアップするか、すでに持っているGitHubアカウントでログインします。

image image

image

リポジトリの追加

とりあえず何か突っ込んでみましょう。+addをクリックして新たにリポジトリーを作成するか、すでに作成済みのリポジトリーをエクスプローラーからGit for Windowsにドロップするとリポジトリーが追加されます。

+addボタンをクリックして、ファイルを追加してみましょう。

image

リポジトリー名を日本語にしたら、「repository name cannot have special characters」と怒られてしまったので、とりあえず英語で作成しておきます。

image image

リポジトリーが作成できると、ダッシュボードに表示されます。対象のリポジトリーの上でコンテキストメニューを開くと、エクスプローラーやWebブラウザーでリポジトリの場所を開いたり、Gitを操作するシェルを開いたり、リポジトリーの詳細を表示することができます。なんとシェルはPowreShell(posh-git)を使えます!!

imageimage

利用するShellの変更は、ダッシュボードの設定から、「option」画面に移動して設定することができます。この画面では、「SCAN FOR REPOSITORIES」ボタンをクリックすることで、実行中のコンピューターにあるローカルリポジトリを検索することもできるみたいです。

imageimage

初めてのコミット

作成したリポジトリーをエクスプローラーで開き、ファイルを追加すると自動的にGit for Windows側にも表示されるので、Commitしたい場合は、コメントを入力してCOMMITボタンをクリックするだけです。

image

続いて、GitHubにpublishしてみましょう。同じく「publish」ボタンをクリックすると、GitHub側に公開されます。

プロキシサーバーの設定

もしProxyサーバー経由の場合は、PowreShellからプロキシサーバーの設定を行います。ダッシュボードのコンテキストメニューから「open a shell here」を選択するか、プログラムメニューから「Git Shell」を起動して次のコマンドで設定できます。

> git config http.proxy http://proxyserver:port

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. 2012年5月23日10:54 PM

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。