ホーム > プログラミング, メモ, 雑記, Visual Studio > Visual StudioでiOSアプリの開発ができる???

Visual StudioでiOSアプリの開発ができる???


Xamarin enables iOS developers to write C# apps using Visual Studioと、そこでリンクされているIntroduction to Xamarin.iOS on Windowsをみると、Xamarinの新しい開発環境では、MacをビルドサーバーとしてVisual StudioでiOSアプリのコーディングができるようです。もちろんC#で。

MacOSなPCを一台も持っていないので、まだiOSのアプリ開発には手を出したことがないのですが、C#だけでなくVisual Studioが使えるのはかなり嬉しいですね。しかも、mono for androidのライセンスを持っていれば、クラスプラットフォーム開発も捗るし。それにVisual Studioが使えるので使い慣れたReShaperが使えるというおまけつき。

Installing Xamarin.iOS on Windowsに環境構築の流れとともに制限も記載されています。エミュレーターは付属しないため、デバックはiOS上でしか行えないとか、デザイナーは無いので、マックでInterface Builderで作ってねとかありますが、ちょっと可能性が広がりますね。

誰か、MacOS持っている人試してみてくれないかなー。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。