ホーム > プログラミング, Visual Basic > Roslyn End User Previewで利用可能になるVBの新しいステートメント

Roslyn End User Previewで利用可能になるVBの新しいステートメント


興味半分でVBのデザインノートを除いたら、ずいぶんと新しい構文が増えていたのでちょっと試してみることにしました。

まずは、Roslyn SDKのダウンロードページにある「Upcoming Features in Visual Basic.docx」かをざっと眺めます。今後実装予定の機能については、CodePlexのLanguage feature implementation statusを確認しましょう。

コンテンツとしてはこんなキーワードが出てます。Select Caseステートメントの拡張は幅広くて見慣れないとびっくりするかも。複数行にまたがる文字リテラルやコメントは結構うれしいですね。

  1. Select Caseステートメントの拡張
  2. 読み取り専用の自動実装プロパティー
  3. 複数行にまたがった文字リテラル
  4. yyyy-MM-dd型の日付リテラル
  5. バイナリーリテラル
  6. 数値区切りリテラル
  7. 複数行にまたがるステートメントに対するコメント
  8. バグ修正と小さな変更
    1. XMLドキュメントコメントの修正
    2. TypeOfステートメントでIsNot演算子の利用
    3. パーシャルモジュールとパーシャルインターフェイスのサポート
    4. #Reagion – #End Regionがメソッド内部で定義可能
    5. インターフェイスのReadOnly / WriteOnlyプロパティーを自動実装プロパティーで実装可能
    6. C#との相互運用でOverridesキーワードがある場合のOverloadsキーワードの省略を可能に
    7. Boxing conversions in attribute arguments(???)
  9. C# Previewの変更で検討中の機能
    1. プライマリーコンストラクターによるインスタンスの初期化
    2. Dictonaryの初期化方法の追加(! operatorの追加)
    3. 暗黙的に定義される参照引数(Output キーワードの追加)
    4. Catchブロック内でのAwaitキーワードのサポート
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。