ホーム > Visual Studio > No EditorOptionDefinitionと表示され、Visual Studioでソースコードが開けなくなった場合の対応

No EditorOptionDefinitionと表示され、Visual Studioでソースコードが開けなくなった場合の対応


Windows Update をしたら、こんなダイアログが表示されソースコードが表示できなくなってしまいました。

image

No EditorOptionDefinition export found for the given option name: TextViewHost/ChangeTracking

パラメーター名:optionId

ぐぐると、似たような事例が。

http://stackoverflow.com/questions/23893497/no-editoroptiondefinition-export-found-error

Visual Studioを閉じた後、%LocalAppData%\Microsoft\VisualStudio\12.0\のフォルダーをリネームしたら直りました。

Microsoft.VisualStudio.Default.cacheで検索すると、該当フォルダーを消すと言うのは一般的?な対応みたいですね。

https://www.google.co.jp/search?q=Microsoft.VisualStudio.Default.cache

広告
カテゴリー:Visual Studio タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。