ホーム > Visual Studio, 未分類 > Visual Studio 2017が起動しない場合、privateregistry.binを消してみよう

Visual Studio 2017が起動しない場合、privateregistry.binを消してみよう


どうもVisual Studio 2017を起動してもなかなか立ち上がってこない。タスクマネージャーを見ていると、ほとんどCPUを使わない状態で停止し待っている感じがする。

Visual Studioをログ出力モードで起動したら、「AppId starting registry detouring」ってステップで動作が止まっているようなので、キーワードに入れて検索してみたら%LOCALAPPDATA%\Microsoft\VisualStudio\配下のprivateregistry.binを消したら解決したという情報があったので、とりあえずリネームしたら動いた。

VS2017 version 15.1 (26403.0) will only start as administrator.

privateregistory.binって何者?

まぁ、なんとなく名前から検討はつくんですが、Visual Studio インスタンスの検出および管理用のツールのVisual Studio インスタンスのレジストリの編集をみると、

Visual Studio 2017 ではレジストリ設定はプライベートな場所に保存されているため、同じバージョンの Visual Studio の複数のインスタンスを side-by-side で同じコンピューターで使用できます。

ってなっているので、レジストリ情報が何らかの原因で壊れていたのが原因なのかな。

広告
カテゴリー:Visual Studio, 未分類 タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。