アーカイブ

Posts Tagged ‘IE’

何故かクッキーレスセッションになってしまった

IE11が電撃的に自動配布されたわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

IE11が自動配布されたクライアントで、何故かASP.NETのセッション情報がクッキーレスセッションで運用される状況になったので対応をメモ。現在現象発生まち。。。

IE11の自動配布について

今回は開始されまでが早かったですね。去年このブログのエントリーは確認していたんですが、自分の環境のIE11では問題なく動いていたので、今週の配布で問題が出るとは思っていませんでした。

2014 年 1 月第 2 週目から順次、Windows 7 向けInternet Explorer 11 の自動アップグレードを開始します

ブラウザー定義ファイルの更新

ASP.NETでブラウザーの更新における問題というと、ブラウザー定義ファイルの更新漏れが考えられるのでまずはこちら。_doPostbackが定義されていないとか言ったJavascriptのエラーが出るならまずは確認してみましょう。

セッション情報と認証情報は無条件にクッキーへ

いや、いまさらクッキー使えない端末とか無いから気にしないでクッキーへ書こうよということなら、web.configのforms要素とsessionState要素の設定をUserCookiesで指定してあげます。

広告
カテゴリー:ASP.NET, プログラミング, Windows タグ: ,

Visual Studio 2010にIE10をインストールすると、デバッカーはすでにアタッチされていますと出る場合の対処方法

Visual Studio 2010が入っている環境にIE10を入れた後に、ASP.NETのデバックを行おうとすると下記のエラーが出るようになってしまいました。とりあえずサーバー側のデバックは問題なく使えるしA、SP.NETのデバックの機会もそれほどなかったのでほっておいたんだけれど、いい加減辛くなってきたので解決方法を探してみました。

コンピュータ ‘コンピュータ名’ 上のプロセス iexplore.exeにスクリプトデバッガーをアタッチできませんでした。デバッガーは既にアタッチされています。

とりあえずVisual Studio 2010 IE10 Attachedとかで検索したらMSDNフォーラムの下記のスレッドが引っかかったので、書かれている通りコマンドプロンプトを管理者として実行後、レジストリー登録をしなおしてみる。

Unable to javascript debug IE 10 with Visual Studio 2010

regsvr32.exe "%ProgramFiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VS7Debug\msdbg2.dll"

無事エラーが出なくなりました。って、改めて日本語で検索するとすでにそのもののエントリーを発見

http://straylight-engineer.blogspot.jp/2013/03/visual-studio-2010-ie10-iexploreexe.html

カテゴリー:メモ, Windows タグ:

デスクトップ版Internet Explorer 10の64 bit動作

知らなかったんだけれど、デフォルトの設定ではデスクトップ版のIE10で表示されたページは、32bitのIEで表示されるんですね。ブラウザーのプラグインやActiveXなどを実行する可能性があるデスクトップ版のIEは、とりあえず32bitで動作させたほうが問題は起きにくいだろうという判断なんでしょうか。

デスクトップ側のIEで子プロセスのIEを64bitで開く方法

64bit版が実行されないので悩んでしまいました。

こちらのページも参考になりました。

[IE10]Internet Explorer 10 の 64bit と 32bit

カテゴリー:インフラ, メモ, Windows タグ:

ワークグループ構成のTFSでログインするユーザーを切り替える

2011年12月20日 2件のコメント

この記事は、TFS Advent Calendarの12/20分の記事です。TFS Advent Calendar : ATND

(Live Writerの操作を間違って、フライングで16日に一度公開しちゃっていたんだけれど、素知らぬ顔でもう一度公開します。)

TFSでは構築時にTFSのユーザー管理をワークグループ(ローカルコンピューター)で行うか、ActiveDirectory(ドメインサーバー)で行うかを選択できます。ActiveDirectoryでTFSを構成した場合は、Windowsログイン時にユーザーが確定されるので、その認証情報を元にTFSにシングルサインオンできます。ワークグループモードで作った場合は、Windows側で認証されていないので、TFS接続時にユーザーIDとパスワードを入力してログインします。

とはいえ、ワークグループで作成しても、ユーザーIDとパスワードを入力する機会というのはほとんどありません。ほとんどの場合は、初回にTFSに接続した段階のユーザーIDとパスワードをIEがキャッシュとして持っているものを利用するからです。

ただ、TFSエクスプローラーにはログアウト的なメニューが存在しないので、一時的に別のアカウントでログインしたい場合や、ユーザーの変更などで別アカウントでログインしたい場合は、IEの設定を変更して上げる必要があります。

Visual StudioはIEのセキュリティー設定をもとにTFSに接続に行くので、IEのセキュリティー設定で毎回ユーザーIDとパスワードを入力するように変更します。

インターネットオプション>セキュリティー>TFSのセキュリティーゾーン(ここでは信頼済みサイト)>レベルのカスタマイズ

image_thumb

設定ウインドウの一番下にある、ユーザー認証を「ユーザー名とパスワードを入力してログオンする。」に変更します。

image_thumb1

この状態でVisual Studioを起動すると、チームプロジェクト接続時にユーザー名とパスワードを聞いてくるようになります。

カテゴリー:TFS タグ: ,