アーカイブ

Posts Tagged ‘ReSharper’

ReSharperの Type in comment は日本語だとちょっと使いにくい

ReShaper 2018.2 で Type in comment という機能が追加されています。
https://blog.jetbrains.com/dotnet/2013/01/14/respeller-a-spell-checking-plugin-for-resharper/

この機能を有効にすると、あらかじめ登録された辞書に基づいてタイプミスがないか指摘してくれるのですが、日本語の場合分かち書きがうまくできていないこともあり、単語の単位が微妙です。

デフォルトのInspectionレベルはSuggestionなので、ビルド自体には影響はないのですが、気になり場合は無効にする場合は、Action Indicatorから Do not Show を選択すれば消えてくれます。
サジェスチョンの無効

ReSharperのOptionsから、Spelling issues の Typo in comment を変更してもいいですね。
ReSharperの設定

広告
カテゴリー:Visual Studio, 未分類 タグ:

dotCoverでテストカバレッジが表示されない場合、JetBrainsフォルダーのCoverageDataフォルダーを削除すると解決する

ReSharperを導入してもらたので、UnitTestのカバレッジ表示にdotCoverを使っています。
UnitTestのカバレッジをとったら、UnitTestSessionsウインドウにこんなエラーが表示され、Unit Test Coverageウインドウにカバレッジが表示されなくなってしまいました。

Coverage analysis: Processing coverage snapshots: スナップショットのパス failed: Unknown storage type

キャプチャ

今回はここで触れらているように、%temp%\JetBrains\ReSharperPlatformVs14\vAny\CoverageData フォルダーをリネームしたところ、表示できるようになりました。
https://dotnettools-support.jetbrains.com/hc/en-us/community/posts/360000167744-Continuous-Testing-Failed-to-Process-Coverage-Results-The-given-key-was-not-present-in-the-dictionary-

カテゴリー:Visual Studio タグ:

ASPXに対するJavascriptのインテリセンスが有効にならないと思ったら、Resharperのせい?

Visual Studioを使っていると、外部Javascriptファイルのインテリセンスも結構頑張って出してくれるじゃないですか、WebFormsを使っていたりすると、ページ側にこんな変数を定義してページとは別に定義したJavascript側でこの変数を参照したりとかするわけですよ。

ASPX側(WebForm1.aspx)

<script type="text/javascript" src="<%= ResolveClientUrl("~/Scripts/jquery-1.9.0.js")%>"></script>
<script type="text/javascript" src="<%= ResolveClientUrl("~/WebForm1.aspx.js")%>"></script>
<script type="text/javascript">
    var clientIds = {
        textBox1: "#<%= textBox1.ClientID %>",
        textBox2: "#<%= textBox2.ClientID %>",
        button1: "#<%= button1.ClientID %>"
    };

JS側(WebForm1.aspx.js)

/// <reference path="~/WebForm1.aspx"/>
$(function() {
    $(clientIds.button1).on("click", function() {
        $(clientIds.textBox2).val($(clientIds.textBox1).val() + (new Date().toString()));
    });
});

JS側の1行目にreferenceディレクティブでASPXへのパスが指定されているので、javascript側でclientIdsのオブジェクト一覧がインテリセンスに出るはずなんです。MSDNにもそう書いてあります。。。が、なぜか出ないのです。どうもReSharper側の問題だったようです。ReSharperのオプション→InteliSense→GeneralからインテリセンスのタイプをVisual Studioにしたところ

image

ちゃんとclientIdsのプロパティーの一覧が候補に出てくれました!!やったー♪

無題

だけれど、JSだけのために切り替えるのも微妙なんですよね。対応してくれないかなー。

カテゴリー:メモ, Visual Studio タグ: ,